イーサネットについて調べてみた

イーサネットってなんだと思ったので調べてみました。

イーサネットとは

イーサネットとは有線でLANを構築する際にメジャーな接続方式。

OSI参照モデルだと物理層、データリンク層

TCP/IP階層モデルだとネットワークインターフェース層

に位置するらしい。

ものすごいざっくりいうと、

LANににつなぐときはこの決まりは守ってねっていう決まりごと。

色んな会社が勝手に機械を作って、全部うちの会社の製品にしないとネットとか使えませんから、とかなったら困るからあるのかね。

何が定められているかというと

ケーブルの種類

コネクタの形状

フレームの形

信号に関する決まり

データを送る送信権はどうやってもらうのか。(媒体アクセス制御方式)

とかが定められている。

調べて出てきたイーサネットの構成要素を物理層、データリンク層に分けてみました。

物理層

・ケーブルの種類 :LANケーブル、光ケーブル、同軸ケーブルとか

・通信速度:10BASE-X、100BASE-X、1000BASE-Xとかがあるよ。

・ネットワークトポロジー:バス型、スター型、リング型、フルメッシュ型とかがあるよ。

データリンク層

・アクセス制御方式:CSMA/CD方式、トークンパッシング方式

・フレーム :通信に必要なあて先MACアドレスとかなんか色々な情報が入ってる。

すべての要素を網羅しているわけではありませんが、大体こんな感じでしょうか。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする